%e5%85%ac%e9%96%8b%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%882024%e5%b9%b4%e5%ba%a6%ef%bc%89

講義⓪:説明会

日時

6月5日(水)15:00-16:00

会場

奈良女子大学 (対面方式)

概要

アートコミュニケーション人材育成プログラム「あ³」の概要説明会を実施します。入江泰吉記念奈良市写真美術館と連携し、先端技術を用いた写真における芸術表現をまなぶ本プログラムのねらいや、研修受講生が一年をかけて取り組む講座・ワークショップ・アーティストの滞在制作・出張美術館について説明します。

講義①:AI最新動向 ── 私たちは急速に発展するAIとどう向き合っていくべきか?

日時

7月3日(水)15:00-17:00

会場

奈良女子大学 (対面方式)

講師

小林 由幸(Sony株式会社エンジニア)

講師プロフィール

ソニーグループ全体の技術戦略の策定に貢献するCorporate Distinguished Engineerの一人。2003年より音楽解析技術「12音解析」や機械学習技術の研究に従事。機械学習のためのツール「Neural Network Console」を開発、近年ではディープラーニングにおける技術・ソフトウェア開発を進め、機械学習普及を促進。

概要

AI技術の研究を進めるソニーのエンジニアより、各技術の先端研究や今後想定される応用先について、実際のユースケースやビジネス展開についての例を挙げながら、わかりやすく解説していただきます。その後、参加者を含めたディスカッションを予定しています。

講義② :色景(知覚と感性の風景)-写真と色彩の新たな出会い

日時

7月10日(土)15:00-17:00

会場

奈良女子大学 (対面方式)

講師

三木 学(色彩研究者、美術評論家)

講師プロフィール

文筆家、編集者、色彩研究者、美術評論家、ソフトウェアプランナー他。
独自のイメージ研究を基に、現代アート・建築・写真・色彩・音楽などのジャンル、書籍・展示・ソフトウェアなどメディアを横断した著述・編集を行っている。

共編著に『フランスの色景―写真と色彩を巡る旅』(2014年)、『新・大阪モダン建築』(2019年、すべて青幻舎)、『キュラトリアル・ターン』(昭和堂、2020年)など。展示・キュレーションに「アーティストの虹-色景」『あいちトリエンナーレ2016』(愛知県美術館、2016年)。ソフトウェア企画に、『Feelimage Analyzer』(ビバコンピュータ株式会社、マイクロソフト・イノベーションアワード2008、IPAソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2009受賞)

概要

レンズの開発から始まる、写真史と色彩史の誕生とその歴史、芸術や産業への影響を解説し、その後、開発に携わった色彩分析ソフトを使用しながら色彩理論や作品分析、日本の風土と色彩感覚への関係について紹介する。受講者は必須ではないが、事前に「色彩を感じる写真」を1枚提出すればそれらを題材にして色彩分析を行う。

講義③ :SHINING WOMAN PROJECTについて(仮)

日時

10月19日(土)ピンクリボンデー (予定)

会場

奈良女子大学(予定)

講師

殿村 任香(写真家)

講義④ :キュレーションについて(仮)

日時

11月13日(水)15:00-17:00 (予定)

会場

奈良女子大学(予定)

講師

中村 史子 (大阪中之島美術館 主任学芸員)(予定)

講義⑤: 観光工学(仮)

日時

1月 予定

会場

奈良女子大学(予定)