あの3乗 the cube of a

MESSAGE

本プログラムは、奈良女子大学と入江泰吉記念奈良市写真美術館が連携し推進するアートコミュニケーション人材育成プログラムであり、大学と美術館がそれぞれの強みを活かし、人と作品と街をつなぐ新たなアートの担い手を育成することを目的としています。写真文化発祥の地のひとつとされている奈良で、日本を代表する写真家のひとりである入江泰吉の写真を活用しながら先端の技術を学び、アートの実践的な力を育てるプログラムを開催します。

この取り組みを通じて、新しい芸術文化や観光産業を創出する次世代のアート・コミュニケーターを育成します。研修受講者は、5回の講座・2回のワークショップ・芸術家滞在型の制作支援を通して、先端の技術を用いたアート表現や文化資源の保存・活用に関する知識を身につけ、将来求められる総合的なアートマネージメントスキルを修得します。

この世界は変化を続ける。クリエイションの一端を担うアートやテクノロジーに関わる人達から、現在形のフィードバックを得る機会をつくりたいと我々「あ3」は動き出しました。文化資源の多い奈良の地において、新しい価値の創出を目指します。

プログラム

公開講座 lecture

  • 6月~12月
  • 全5回 / 各2時間

アートマネージャー、キュレーター、アーティスト、写真家、企業のエンジニア等を講師に招き、それぞれの分野の基礎になる知識や考え方、最新の動向を学びます。

  • XR技術に関する最新の動向などについて

  • アートマネージメントの実践について

  • アートフォトマーケットやキュレーションについて 他

芸術家滞在型の制作支援 artist in residence

  • アーティスト2組
  • 各組約1ヶ月の滞在

文化遺産の豊かな奈良に国内外で活躍しているアーティストを招き、地域社会との交流やリサーチ、先端の技術を使った新しい作品制作の創造支援を行います。またその成果は入江泰吉記念奈良市写真美術館で予定されている展示にて公開予定です。

招聘アーティスト

藤岡亜弥(写真家)

SHIMURAbros(アーティスト・ユニット)

実践講座 workshop

  • 10月・12月
  • 全2回 / 各約3時間

写真作品、デジタル技術に関連した制作体験のワークショップを行います。またその成果は入江泰吉記念奈良市写真美術館で予定されている展示に合わせて公開予定です。

  • デジタル画像を用いたコマ撮り映像制作のワークショップ

  • 写真の画像生成AI・動画生成AIを用いた創作ワークショップ

PROGRAM PROGRAM PROGRAM PROGRAM

APPLICATION


    学生の他、一般の方もご参加いただけます。

    また、各講座プログラムへの個別参加は可能です。


    お問い合わせ先: 奈良国立大学機構 企画課

    hyoka (a) jimu.nara-wu.ac.jp

    講義③:アナログプロセスからプログラミングによる新たな写真術の開発
    日時:10月15日(日)

    講義④:世界最大のフォトフェスティバル「パリフォト2023をレポート!」近年のトレンド探る。アートフォト、ギャラリー、キュレーションの現在
    日時:11月18日(土)

    講義⑤:アーティストから見る画像生成AIの最前線!
    日時:12月2日(土)

    勤務先・大学(専攻コース)・所属等(必須)

    氏名(ふりがな)(必須)

    連絡先メール(必須)